流行を意識する

婚約指輪の相場と傾向

男性が行う一世一代の行事といえば、プロポーズです。シチュエーションを考え、早くからレストランの予約をしたり、プロポーズに必要な婚約指輪を探し回ったりすることでしょう。 婚約指輪の相場は、1ヶ月の給料の給料の3ヶ月分と言われているので、準備にも時間がかかりそうですね。 最近の婚約指輪にかける金額の平気相場は30万円ほどと言われています。 やはり、不景気だからの数字なのでしょうか。 婚約指輪のトレンドといえば、大きなダイヤモンドを際立たせたデザインです。 筆者もプロポーズの際、大きなダイヤモンドがあしらわれた婚約指輪を貰ったときは、本当に嬉しかったです。 そんな婚約指輪も、最近では指輪事態を渡さない人が増えているというのです。

近年変わりつつある婚約のかたち

近年、増えている授かり婚。 出産に費用がかかるからと、婚約指輪を諦めることもしばしばあるようです。 そこで、今少しブームとなっているのが、手作りの指輪です。工房に足を運び、男性自身が手作りをします。心のこもった素敵なプレゼントになることでしょう。金銭的に、買うことが困難立った場合、こういった形でもらえるのは女性からすると、ぐっときそうですね。 また、婚約指輪を、今後付ける機会がないからと最初から断るケースもあるようです。その代わりに、ネックレスやブレスレットなど日常的につけられそうなもので代用し、プロポーズします。 時代の変化で、婚約の形が少しずつ変わりつつあるのかもしれないです。 しかし、どんな形でも愛がこもっており、そして大切な人と結ばれることが1番なのではないかと思います。